豊橋日独協定25周年記念ドイツ視察訪問

【2016.6.5~2016.6.12】

 

europe-w

 

 

①ベルリンのグスタフハイネマン高校訪問
松井団長の挨拶のあと、校長先生の挨拶。この学校は小中高一貫教育の学校で、日本へ修学旅行の経験があるとのことです。
小学生は「大きなカブ」の寸劇を見せてくれました。

 

「うんとこしょ、どっこいしょ」

 

などの日本語を上手に発音して、日本からの一行をもてなしていただきました。
15歳の女生徒は日本のアニメが好きと言って、綺麗に化粧をして参加してくれました。

 

img29 DSC_0972 img30

 

②企業訪問、バードデゥーベン
参加企業様の技術提携先の企業のプロフィロール社の見学をさせていただきました。

 

前日には、中世のヨーロッパ風の雰囲気のあるゴールデンライオンホテルで夕食会を開いていただきました。

 

ドイツ語通訳は、参加企業様が、この会社で数年間研修の体験をされ、その内容も含めて丁寧に話して頂きました。訪問させていただいて感謝しています。

 

img36  img32

 

③ライプチヒ市役所の公式訪問
市庁舎は、石造りの宮殿風の建物で、さすがにヨーロッパの歴史の重みを感じました。

 

松井団長の挨拶の後、市長より歓迎の挨拶をうけました。
市を挙げて歓迎の気持ちが伝わりました。

 

img33 DSC_1085 img35

 

行きは6月5日ルフトハンザドイツ航空にて、関西空港からフランクフルトへ。
帰りは、同じくルフトハンザドイツ航空で6月12日フランクフルトより中部国際空港へ戻りました。

 

img38  img39 ←ベルリン工科大学

 

ドイツ視察の留守の間は、ご協力いただきましてありがとうございました。
今後はさらに国際法務コンサルタンツグループの発展に力を注ぐつもりです。
私自身事務局として、力不足を認識しています。

 

ご期待にそえない部分は、皆様とともに解決していきたいと思います。
どうか、ご指導いただきますようよろしくお願いいたします。

最近の記事 カテゴリー アーカイブ