序文 鬼祭りの七不思議

このブログでは、鬼祭りの七不思議の一番は半分解けました。
天狗は修験者、では鬼は何かな?
あとは皆さんと一緒にこれから、考えていきましょうか。

 

 

<鬼祭りの七不思議>

1.どうして安久美神戸神明社で、鬼と天狗が登場し、鬼が天狗にからかいをしているのでしょうか?

 

2.天狗はふつう柏の葉を持ち、下駄を履いていますが、安久美神戸神明社の天狗は頭に布を巻き、手には薙刀、背中に太刀(たち)を背負っています。なぜでしょう?

 

3.鬼はたんきり飴と粉を撒いていて豆は撒きません。普通の節分ではないからです。

 

4.鬼と角(つの)と虎柄(とらがら)のパンツはどんな意味があるのでしょうか?

 

5.市中を走って鬼は「アーカーイ」と叫んで神社に戻ります。

 

6.年占いでは稲わらを丸めてその年の豊作を占い、五穀豊穣を祈ります。

 

7。安久美神戸神明社での鬼と天狗のからかいの時に鬼は天狗に向かって雷イナヅマのようにジグザグに進みます。なぜかな?

最近の記事 カテゴリー アーカイブ